BF20E80C-21BA-4CC7-8D18-9371FB9F271E


東京駅付近に用事があったので、済ませて来た帰りに滑り込んで来ました!
ロートレック!

19世紀パリのグラフィック関係の作品を集めた展覧会とのことで、ポスターを見かけた時から気にしていたのですがタイミングがあわず…。

撮影OKエリアがかなり広くて、展覧会もなかなか時流に合わせて変わってくんだなぁと改めて感じました。
5E7980E4-1374-47D4-A27F-9EE91CF805A2


ミュシャ、クリムト、ロートレック、ラリックにウィリアムモリスの界隈が脊髄反射レベルで好きなので、初めてロートレックのポスター現物を見れて、大きさと質感を見れて楽しかったです。
明後日の1/8(月・祝)までとのこと。

ロートレックにはナイフラ小池的に大変思い入れがありまして、リスペクト!ロートレック!でPV内でパロディポスターを描いたのです小池。
どこで出て来たかわかりますかね(*'▽'*)えへへー

https://youtu.be/J0-fEgKXQz4

ひときわに思い入れがあるのはそのためなのです。なので見に行きたかった展示会でありました。

どうもこんばんわ、絶賛このブログの整備をしています小池です。
ブログ_アイコン小池
小池の自画像だよ。
171cmの黒髪女です。
黒髪女って書くと妖怪の1ジャンルみたいですね。妖怪好きですよ小池。人間じゃない存在っていいよね。

いやぁ、昔ライブドアブログを初めて触っていたとき、それが随分昔で…どれくらい昔かというと、スマホがまだ普及していなかった時代ですね。
普及してなかったんですよ。
多分Facebookも出たてとか…(うろおぼえ)

何年前になるの…そんな事態…

そんなわけで浦島太郎状態なのですが、小池って誰よナイフラってなんなのよ!と私が読む側なら思うのでお伝えしましょう!

ナイフラは!
ポップスバンドです!(ばばーん)

内訳:昭和の歌謡曲とかフォークソング、90年台は小学生だったからアニソンばっかり歌ってた(当時のチャートの曲とか当時大嫌いだった…今思えば贅沢な話ですが私にはガンダムやウテナの主題歌が輝いて聞こえたわけです今もね!大好き!)ボーカルのわたくし小池と、AORとブラックミュージックとシティポップス大敬愛のベース&サウンド監督サガワがお届けしてます。

サガワってだれ?というあなたするどいですね!
ブログ_アイコンサガワ
サガワ氏の似顔絵だよ!
190cmくらいの細長いお兄さんだよ!
みんなライブで見て見上げると良いよ。

ちなみにサガワさんもブログを始めたよ!→http://thenightflyer-sagawa.blog.jp
たいへん勉強になるので音楽なに聞けばいーのよ?なあなたにほんとオススメします。

さてじゃあそんな二人がバンドやってるとして、どんな曲なの。いい子だから正直に言ってみなさい。と女教師に諭される気持ちになりやすい小池ですがお答えすると、下記の通り。

小池からいちばん出てきやすいタイプの楽曲がこういうの↓

『くちなし』って曲です。
小池はお花が好きでね!くちなしのにおいが花の中では一番好き。

ベース・サガワ氏が大得意な楽曲のうちのひとつはこういうの↓

『スウィンギン・マドモアゼル』って曲です。
ライブでいっしょに歌おう!
「お・だ・い・は・き・に・しっ・なーい!!」のところ口にだすと楽しいよ!

まだまだ楽曲あるから、今回はここまで!
ごあいさつは続くよ!あいさつはすべての始まりですからね。

ではまたブログ整備に戻ります。チャオ!

人間、生きてきて、〜の仕方、なんてものはほんとは存在してないというのを体感しているのが前提です。みんな気づいてるでしょ?

ぜんぶ、誰かの気付いたこと。誰かがそれを言葉にしたものの集積です。しかも集積の種類も度合いも人それぞれ。情報は、使う人間次第で如何様にもなるというのを昨今ほどまざまざと目撃する時代もないんじゃないかと思います。

なのでわたくし小池の場合、小池が今まで描いたり見たり考えたりしてきた中で、これはどうやら小池としては確からしいというものを陳列する以外にありません。
「小池がこう言ってたじゃん!」
ええ、私はそう経験したからそう言えた。
あなたの場合はあなたが作っていくの。
私の経験は私のもの。
ひとしく、あなたの経験はあなただけのもの。
楽しく生きようじゃないか!

というわけで、絵を描くとここが楽しいよ!というメリットの話をしていこうと思います。

絵を描くとあるいいことかぁ、そうだなぁ…
【絵を描けるメリット】
0.意外と褒められる
1.ものの見方が変わります
2.自分の個性がわかります
3.世の中の制作物をこう見るようになります
4.自分で作れるからこそできること、が発生します
5.趣味だろうが仕事だろうが強みになります

じゃあ絵を描くには?
【絵の描き方】
0.まず自分を愛する
1.線を引く
2.面をつくる
3.色を考える
4.うそは道具
5.誰にあげるか考える

道具そもそもなにがいるのさ!
【絵を描くときに必要なもの】
0.アナログとデジタルの違い
1.小池は鉛筆が好き
2.小池はつけペンが好き
3.小池はベジェ曲線が好き
4.水彩をおすすめする理由
5.アクリル絵具をおすすめする理由
6.コピックをおすすめする理由
7.1〜6まで実は紙が命
8.デジタル作画をおすすめする理由
9.1番の道具はあなた自身

ざっと思いつく限りではこんなトピックになりそうです。
んーでもどの順番にしよう。
頭からいこうかしら。
ぜんぶの1個目ずつから書いてこうかしら。
後者だな。

話せば他にもたぶん出てくるけど…ちゃんと小池以外の人にも役に立ちそうな内容を文章にするとしたらこうなるかなぁ。
私は話が拡散してゆきやすい傾向にあるので、ひとまずはこの流れで書いていこう。

なにかが自分の手から出てくる絵は、誰でも使える素敵な魔法なんだぜ。

写真は、待ち時間に描いた落書き。
B6CE88ED-CFEE-4EE2-93EF-F0B80D16B40A

↑このページのトップヘ