カテゴリ: 絵・イラスト

「2.何を描けばいいのかは芽の出所から決まる」と前回書きましたナイフラの小池ですこんばんわ!

さて、あなたの芽の出所はどこでしたでしょうか。芽の出所がわかったら、それに添って必要なアイテムを揃え訓練をすれば望む先に到達できます。

たとえば「①精緻な描写」をしたいなら、対象の観察・仕組みの把握・好ましく感じるタッチの種類を調べる・そのタッチの習得…「精緻」の定義も自分で決める必要があります。というか、自身が判断できるはずです。このくらいの細かさがあると描けていると「感じる」という線引きが。

今回は小池の場合を書きますね。
21830428-1270-4947-9D49-728016A0A3B4


小池は幼少期、漫画家に憧れたので、漫画をしこたま眺めていて(ちなみに『ダイの大冒険』でした)気付いたんです。
同じキャラクターの顔が何回も必ずかけなければならない。
どのキャラクターでも自在に動きを描けなければならない。
お話の作り方よりもまず、キャラクターの描写に注目したんです。
なので小池のスタートは②漫画系。
「キャラクターを自由自在に描けるようになる」こと。
ということは、本来は目標は「絵が描けるようになって漫画家になりたい!」
なわけですよね。

でも小池の「絵が描けるようになりたい!」の芽の出所は、漫画を描く、ではなかったんですよ。
芽の出所を把握していなかったから、ここにその後のまがりくねりイラストレーター人生のスタートがあるのです…今思えばですけどね。

ちなみに、漫画を描くには漫画自体を描かないとなにも得られないので、絵を描いてたところで漫画は描けるようにならない。
9D0CF993-60E0-4D67-8782-FF02EE83A943


ボーカルレッスンしてて歌が作れるようになるかというとそれはまた別なのと同じです。(分けずに考えたら一緒に進めていけるだろうけれどね。そして実際、習得って同時並行だしね。)

漫画の構成要素のひとつとしての絵、として絵をとらえず、漫画を成り立たせてるのは絵だ!絵をこそ描けなければ!と勘違いした幼少期の小池は「漫画を描きたい」ではなく「漫画に出てくるような、一定のクオリティで安定した絵柄を獲得したい」が、目標の正確なところだったんですね。
それほどに小池には魅力的でした、漫画家さんの描く絵ってどれも。画家やイラストレーターという人々が描く絵よりも、私には。

さて出所によってやるべき事は自ずと決まって来ます。それについては次回!


書いてて本当に感じたけれど、ありがとう、ありがとう世の漫画家さんたち。
あなたたちの描いてくれたものへの憧れとわくわくが、今の私を作ってくれています。

さて!前回からの続きです。

超初心者はどうしたらいいのよ!?シリーズ。三本柱の1つ目です。
ずばりー!

「1.描きたい!の芽はどこから出たのかを考える」ですね。
いってみましょー。

「絵を描けるようになりたい!」
という言葉にはまず2つの決定が内包されてあります。

まず、自分は現状では絵が描けないと自己規定しているという前提。
つぎに、絵が描ける、の中身が自分の中でもう決まっているということ。どのような状態を「絵が描けている」とその人が定義しているかということですね。

6F11C349-1AD0-4260-9032-CB0323BCE27A


(そして実はひとつの大きな動機が潜んでいます。
「絵が描けるようになって○○したい」という望み。
得たいものがあるわけです。
これについては後ほど。)

さて、あなたの考える「絵が描ける」とはどんな程度・種類を指しているでしょうか。考えて見ましょう。

「目で見た通りのものを紙の上に描ける」
「大好きなキャラクターを自由自在に描ける」
「心情を思うがままに紙にあらわしている」
FE2AE02F-FC67-4616-8D86-929C239C8520


概ねこの3種類に分けられるように思います。
それぞれ、細密系、漫画系、アート系の発想かなと小池には見えます。
(実はそれ分けてるように見えて分けてなくね?と感じたそこのあなた、その通りです便宜的に分けてみています。綯い交ぜになってたりするよね現実)

そして、「絵が描ける」の中身は、たとえば上の3つのなかではあなたにとってどれでしょう?
ここで目指す絵柄の方向性が決まります。必要な道具も、参考になるであろう先達の存在も選べたり出会えたりします。

しかし重要なのは実はこちら。
「絵が描けるようになって〇〇したい!」
A47357E5-6216-47C7-B9CE-F210B76B67D7

これ、考えてみてください。
とても興味深いですよこれ。

ちなみに世のバンドマンの楽器を始めた理由第一位は「モテたい!」だそうです。
似たような動機の持ち方が絵にもあるそうです。
ずばり、「絵を描いてすごいって言われたい!」
これ、絵を描き始める動機としてわりとメジャーらしいです。

重ねてちなみに、小池はバンドも絵も動機がそれぞれそれじゃないのですが、話しても大概「…??」という顔をされるのでよほど仲の良い人かライブのMCでしか言いません。でへへ。

さて、でもこの「絵が描けるようになって〇〇したい!」の〇〇、本当に大事なんです。
ここが、「今後、何をどの順番で習得してくと最短ルートでゴールできるか」を決めます。
あなたの〇〇、の中身はなんでしょうか?

ここで前回の「小池は小池の経験を語る」が登場します。
つまり、小池はどのルートだったのか?です。これに沿ってしか小池は人様にものを話せません。経験したことなら話せますからね。
長くなったので、今日はここまで。

8B573BF4-EFD0-4709-A4EF-95F056281892


なるほど、という質問をもらったのでそうかそういう話から始めるといいのか、と目からウロコだったのでそれを紹介しますね。


「絵、描けるようになりたい!」
うんうん!じゃあ描こう!

C3DAF28C-E5CC-448B-A914-F98CBFF37E99



「何描けばいいの?」
お?

97B505C0-EFA5-4FD2-9A35-9CEB07E7D1EB


「何から描けばいいの?」
おお??

面白い質問だなと感じました。
描きたいなら描けばいい!
描きたいものを描けばいい!
描きたいところから描けばいい!
そしたら描けるよ(*'▽'*)

と返したところ、
2729ED56-37F1-4719-8D22-CA2476D6A593

「それは小池が描けるからそういうんだ!こっちは何にも描けないんだ、何からどう始めたら描けるようになるんだか教えてもらいたいさ」

なるほど!
8B573BF4-EFD0-4709-A4EF-95F056281892

この問いには沢山の答えるべき点が見られます。
そこに解決方法があります。
良い質問は答えを内包しているというやつですね。小池そういうの大好きです。

では1つずつ答えていくとどうなるか。こうなるかと思って以下に並べます。

1.描きたい!の芽はどこから出たのかを考える
2.何を描けばいいのかは芽の出所から決まる
3.何から描けばいいのかは絵の種類による

7DE6D59E-7BA0-4799-839D-0A87850C2230


というわけで、手始めにすべての根幹である、「1.描きたい!の芽はどこから出たのかを考える」を掘り下げましょう。
まて次号!乞うご期待!!


そう、なんであなたは描きたいって思ったの?
私もいつでも考えている。

ーーーーーーー

ぼやぼや考えていた。

小池は「考え」信者です。
「考えてたってしょうがないよ!やってみなきゃ!」おっしゃる通りかもしれない。「芸術は心だ!頭じゃない!」という方もいるでしょう。(でもそれ鑑賞者に多くて作り手には少ない気がする/そして芸術は心にさえ限定されはすまい)が、小池は考えることが大好きです。

こうなのかな、ああなのかな、と、考えてから。ないしは考えながら、ものを進めていく方が、考えずに突っ走るよりはるかに地に足がついてるように思うのです。突っ走る衝動も大好きだし憧れるけれど。

考えることは楽しいことです。
考えると、手に入ったものの価値や意味が自分の中でちゃんとしてくれます。
わからないものを、わからないと判断できます。
わかるものは、なぜわかったのかを把握できます。
手にして来たのもたちが、自分の中でちゃんと名付けられて仕舞われていきます。いつでも、探せば出て来てくれるようになります。失くしたかもしれないと不安になっても、考えていた経験があれば、消えて無くなることはない。

ちなみに小池はあまり論理的に考えるのは上手ではないのですが、それはすなわち、上手い下手と好き嫌いは別ってことです。
私は、考えながら、作るのが好きです。
あなたはなにをどうするのが好きなひとかな?

BF20E80C-21BA-4CC7-8D18-9371FB9F271E


東京駅付近に用事があったので、済ませて来た帰りに滑り込んで来ました!
ロートレック!

19世紀パリのグラフィック関係の作品を集めた展覧会とのことで、ポスターを見かけた時から気にしていたのですがタイミングがあわず…。

撮影OKエリアがかなり広くて、展覧会もなかなか時流に合わせて変わってくんだなぁと改めて感じました。
5E7980E4-1374-47D4-A27F-9EE91CF805A2


ミュシャ、クリムト、ロートレック、ラリックにウィリアムモリスの界隈が脊髄反射レベルで好きなので、初めてロートレックのポスター現物を見れて、大きさと質感を見れて楽しかったです。
明後日の1/8(月・祝)までとのこと。

ロートレックにはナイフラ小池的に大変思い入れがありまして、リスペクト!ロートレック!でPV内でパロディポスターを描いたのです小池。
どこで出て来たかわかりますかね(*'▽'*)えへへー

https://youtu.be/J0-fEgKXQz4

ひときわに思い入れがあるのはそのためなのです。なので見に行きたかった展示会でありました。

人間、生きてきて、〜の仕方、なんてものはほんとは存在してないというのを体感しているのが前提です。みんな気づいてるでしょ?

ぜんぶ、誰かの気付いたこと。誰かがそれを言葉にしたものの集積です。しかも集積の種類も度合いも人それぞれ。情報は、使う人間次第で如何様にもなるというのを昨今ほどまざまざと目撃する時代もないんじゃないかと思います。

なのでわたくし小池の場合、小池が今まで描いたり見たり考えたりしてきた中で、これはどうやら小池としては確からしいというものを陳列する以外にありません。
「小池がこう言ってたじゃん!」
ええ、私はそう経験したからそう言えた。
あなたの場合はあなたが作っていくの。
私の経験は私のもの。
ひとしく、あなたの経験はあなただけのもの。
楽しく生きようじゃないか!

というわけで、絵を描くとここが楽しいよ!というメリットの話をしていこうと思います。

絵を描くとあるいいことかぁ、そうだなぁ…
【絵を描けるメリット】
0.意外と褒められる
1.ものの見方が変わります
2.自分の個性がわかります
3.世の中の制作物をこう見るようになります
4.自分で作れるからこそできること、が発生します
5.趣味だろうが仕事だろうが強みになります

じゃあ絵を描くには?
【絵の描き方】
0.まず自分を愛する
1.線を引く
2.面をつくる
3.色を考える
4.うそは道具
5.誰にあげるか考える

道具そもそもなにがいるのさ!
【絵を描くときに必要なもの】
0.アナログとデジタルの違い
1.小池は鉛筆が好き
2.小池はつけペンが好き
3.小池はベジェ曲線が好き
4.水彩をおすすめする理由
5.アクリル絵具をおすすめする理由
6.コピックをおすすめする理由
7.1〜6まで実は紙が命
8.デジタル作画をおすすめする理由
9.1番の道具はあなた自身

ざっと思いつく限りではこんなトピックになりそうです。
んーでもどの順番にしよう。
頭からいこうかしら。
ぜんぶの1個目ずつから書いてこうかしら。
後者だな。

話せば他にもたぶん出てくるけど…ちゃんと小池以外の人にも役に立ちそうな内容を文章にするとしたらこうなるかなぁ。
私は話が拡散してゆきやすい傾向にあるので、ひとまずはこの流れで書いていこう。

なにかが自分の手から出てくる絵は、誰でも使える素敵な魔法なんだぜ。

写真は、待ち時間に描いた落書き。
B6CE88ED-CFEE-4EE2-93EF-F0B80D16B40A

↑このページのトップヘ